【バラエティ】「ながら運転」厳罰化で罰則強化。警視庁の交通課に線引きを問い合わせたエントリーが参考になる、など

■【バラエティ】「ながら運転」厳罰化で罰則強化。警視庁の交通課に線引きを問い合わせたエントリーが参考になる、など

●「ながら運転」厳罰化で“一発免停”も…赤信号でスマホ操作はセーフ? 気になる線引きを解説 - FNN.jpプライムオンライン

気になる線引きだが、カーナビは基本的に見ても大丈夫だが、一般的な法解釈では運転中にカーナビを2秒以上続けて見てしまうとアウトとされている。

スマホスタンドに立てかけて Google マップにナビしてもらう場合はどうなるんでしょうか?「2秒注視」が線引きなら音声案内だけなら大丈夫?
カーナビ代わりにスマホを使う人も少なくないように思いますが…。

●「ながらスマホ」罰則強化、警察はこう取り締まる 「カーナビ2秒以上注視」はアウト?気になる違反のラインを解説(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

電話での会話については、走行中でも基本的にハンズフリーにしておけばOKです。  またイヤホンやヘッドセットなどは、両耳がふさがっていてはダメですが、片耳ならOKです。

●運転中のハンズフリー通話は違反? 手で持ってないから大丈夫という考えは危険 | くるまのニュース

警視庁の交通課に問い合わせてみました。

ーー運転中に通話をすることは違反なのでしょうか  
道路交通法で禁止されているのは、携帯電話の保持や、携帯画面・ナビ画面の注視です。通話すること自体は違反ではありません。

ーーハンズフリーイヤホンや携帯のスピーカー通話、ナビのBluetoothを使っての通話は違反にならないのでしょうか  
例えば、信号待ちを含む停車中に携帯電話を操作して電話をかけ、クルマが動き出す前に携帯電話の操作が終わっていれば違反にはなりません。しかし、通話を終えるため走行中に携帯を操作したり、画面を注視すると違反になります。ナビ画面の操作でも同様です。

こちらは2019.05.26付のエントリー。つまり「画面を見る」「スマホを操作する」が取り締まりの線引きとなるんですね。
音声認識を活用したり通話状態を続けているだけなら大丈夫みたいです。

エントリー内で注釈されていますが、これは問い合わせ当時の返答。都道府県の条例でも対応が異なる場合がありますし、もっといえば現場の警察官のみなさんも人間ですから、その時々の判断が異なるおそれもあります。
李下に冠を正さずの言葉のとおり、「疑われる動作はしない」のが安全な対策かもしれません。


他、バラエティの話題




●現代書館、石川優実さんの書籍『KuToo』を巡る「捏造」批判に反論 「クソリプ」掲載はあくまで「引用」「原文のまま」 - ねとらぼ

世間一般の”引用”とは解釈が異なる様子です。


●ペットの遺骨から真珠 核入れから1年 依頼主「おかえり、という気持ち」 五島・奈留(長崎新聞) - Yahoo!ニュース

「真珠葬」というものがあるんですかー。


●開業続々!巨大ショッピングモールは「シニアの楽園」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

無理なく、安全に体を動かす上で、散歩に勝る運動はない。ただ、むやみに住宅街を歩き回るわけにはいかない。シニアが1人で歩き回っているのを、怪しげに見る人が出てこないとは限らない。よその家の庭木などを眺めていれば、不審者と疑われそうだ。

こうした事情もあり、ショッピングモールは重宝するとのこと。
おじさんはただそこにいるだけでも不審に思われてしまうんですね。


●「実家を出ていくつもりはない」少子高齢化時代、結婚せず、親元も離れない中年男性“子ども部屋おじさん”はアリかナシか?

リンク先の話題とは少しずれますが、田舎だと本業の合間に家業のあれこれを手伝うことがあります。ですから「実家住まい」や「親元を離れない」はむしろ親孝行と捉えられたりします。


●【動画】壮観!無数のウミガメが海に、一斉産卵へ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

なんだかクラゲの水槽を見ているような。
クラゲはウミガメの好物と聞きますが、俯瞰してみると似ているんですねー。


関連記事

0 Comments

Leave a comment