【問題解決】Google日本語入力を開発版にしたらCrescent Eveとの相性問題が解決してとてもうれしい

テキストエディタには、長年ノートパッドのかわりにCrescent Eveを愛用している。非常に軽いソフトで、特にインストールの早さには感動した。ほんとうに「あっ」という間に終わる。

HTMLエディタとしても使える。HTMLタグの補完機能が優秀かつ最小限にまとまっており、ブログ用の文字タグやTableタグ程度しか使わないおれのような用途には必要十分なのだった。

こんなに便利なCrescent Eveなのだが、残念なことにGoogle日本語入力安定板(ver 1.0.556.0 - Windows)と相性が悪い。
具体的に言うと、日本語を入力する際に、文字をタイプして、文字列を確定する前の反転状態のときが視認できない。まったく見えないのだ。Enterで確定すると文字が現れる。これは致命的な欠陥だ。
普通に文字をタイプするだけなら他の入力ソフトでいくらでも代用できるが、Googleお得意の固有名詞力がほしいときがどうしてもあるのだ。芸能人や商品名、漫画などのサブカルチャー系の名称が一発で出てくる便利さときたら他にはない。

この問題にずっと頭を抱えていて、ことあるごとに調べていたのだが、有効な解決法にはたどりつかなかった。それがようやく解決してうれしいので、全国のクレッセンターに向けてメモっておく。


「Google日本語入力を安定板から開発版にする」
Google 日本語入力 開発版

これでOK。なんの問題もなく日本語を入力しまくれる!変換できまくれる!!このブログの下書きもCrescent Eve & Google日本語入力だ。
言うまでもないが、これは開発版なので、Crescent Eveとの相性問題が解決しても別の問題が出てくる可能性がある。
個人的には、「手書き文字入力」ができるようになっていたり、Ctrl+BackSpace(または選択反転させてスペースキーの横にある「変換キー」)で文字の再変換ができるようになっていたりしてとても楽しい。
やればできるじゃないか、Google日本語入力。
関連記事

0 Comments

Leave a comment