Firefox 9.0に複数のバグが見つかったことについて

Mozilla Re-Mix: 【Firefox 9.0.1】リリース。Mac版がクラッシュする問題などを修正。

なんかもう…。Firefoxってダメなんじゃなかろうか。

ハイペースでアップデートするのはいい。
が、それに伴ってバグが出るのはダメだ。

今回はすぐに修正がなされたからいいじゃない、という話ではない。
こんなにしょっちゅうアップデート直後のバグが見つかるということは、ハイペースでのリリースサイクルに対してのシステムが不完全であるということを示している。

例えば、行きつけの飯屋が新作料理を出すたびごとに髪の毛やら卵の殻やら虫が入っている。
でも、口に入れる前に交換してくれたからいいよね、と思えますか?

これら目に見えるバグの裏側に、見えない致命的なバグが潜んでいるのではないかとどうにも気が休まらないのだ。

こんなんじゃ、リリースサイクルを早めることの弊害しか感じないぜ。
もっとじっくり落ち着いたリリースペースにして、ベータ版でたっぷりバグ取りしてからリリースしたほうがいいんじゃないだろうかと思うのだけれど。
関連記事

0 Comments

Leave a comment