FirefoxアドオンのAutoPagerに見切りを付けた

Firefoxの入れなきゃ損する系に属するアドオン、AutoPager。
これまでネット閲覧にとても便利に役立ってくれたのだが、前回の更新から頻繁にFirefoxに悪影響を及ぼすようになったので、この度引退していただくことにした。

長い間大変お世話になりました。
作者のWind Liさんに感謝します。

前回の記事はこちら。

野良黒  (Greasemonkeyではない)AutoPager0.7.1.0を使用していると、Firefoxが頻繁に固まってしまう



どんな悪影響かというと、マウスホイールでのスクロール、スペースでのページ送りで固まってしまうのだ。

前回のAutoPagerのアップデート(AutoPager0.7.1.0)では、前のバージョン(AutoPager0.7.0.0)にダウンデート&当時の最新バージョンのFirefoxへの強制有効化で乗り切ったのだが、今回のアップデート(AutoPager0.7.1.2)でもその現象が解消されていなかったため、これは不具合ではなく、他のアドオンとの競合問題なのではないかと思い至った。
ウチの環境には合わなくなったということだ。

※ダウングレードを試してみたい方は以下リンク先へどうぞ
AutoPager :: Versions :: Add-ons for Firefox

だが、自動ページロード系の機能はないと困るので、GreasemonkeyのAutoPagerizeを試してみることにした。
Userscript版やアドオン版は不具合が見られるとの情報も目にしたので、Greasemonkey版にしてみた。

今のところ、AutoPagerを入れていた時より全体的な動きがずいぶんすっきりした気がする。
スクロールやページ送りで固まることもなくなり、快適になった。

せっかくだから、この際いろいろなグリモンのスクリプトも試してみよう。
関連記事

0 Comments

Leave a comment