YouTubeのプレーヤーサイズが気に入らないのでアドオンを入れてどうにかした

通常YouTubeのプレーヤーサイズは微妙に小さい。だが、フルスクリーンにすると他の画面がすぐに見られないし、そのためにクリックするのも面倒だ。

今まではYoutube Video Size :: Add-ons for Firefoxで拡大していた。
これは、自動でウィンドウサイズにプレーヤーを合わせてくれる、というアドオンで、なかなか使いやすかった。再生途中でウィンドウサイズを変更しても、それに追従してプレーヤーサイズが変わるのがとてもいい。

だが、ある時プレイリストの動画を観ていたら、プレイリストの一覧が出ないことに気づいた。
プレイリスト動画を観る時は、YouTube Video Sizeをオフにしなくてはいけない。だが、数十ものアドオンがある中でいちいちアドオンマネージャを開いて、捜してオフにし、さらにはFirefoxを再起動しなくてはいけない。これは面倒だ。

※実は「プレイリスト動画を観る時は、YouTube Video Sizeをオフにしなくてはいけない」というのは勘違いで、上の方にちょこっと出ていた。あとから気づいた。

それで、他のアドオンを探すことにしたのだった。

いくつか試した中で、気に入ったのはこれ。
Magic Actions for YouTube - k本的に無料ソフト・フリーソフト
詳しい説明はリンク先にあるが、プレーヤーサイズを変更するだけではなく、プレーヤーの周りをグラデーションで暗くしてくれたり、画質をいつも同じものにできたり、自動再生を無効にしたり、リプレイできたりいろいろ便利な機能がある。
プレーヤー周りを暗くする”シネマモード”は、プレーヤーの周りをちょいとクリックするだけでオフになるのがいい。通常のYouTube画面に戻したい時はすぐに戻せるのだった。

また、シーク(早送り/巻き戻し)が滑らかになった気がする。
いつ頃からか、YouTubeはシークの度につっかかるようになり、それがストレスなのでよほど短い動画以外は一度ダウンロードしてから観るようにしていた。だが、これくらいすいすいシークできるのならその必要もなくなるかもしれない。

しばらくこっちを使ってみる。
関連記事

0 Comments

Leave a comment