LoL - 4th ChampionのHeimerdingerがおもしろい

今週無料で使えるChampionのHeimerdingerが妙に気に入ってしまい、こればかり触っている。無料期間が終わったらアンロックするつもり。これで4人目の持ちChamp。
勝率はお通夜。味方にDCがいたから…とちょっとだけ言い訳。

※今現在↓のop.ggにて日本語表示にするとサイトが閲覧できなくなっている。英語表示にすると見られる。
ganeza55 - Summoner search results :: League of Legends (LOL) Search Summoner Stats


■Heimerdingerを選んだ理由

勝率が高いこと
Champions - League of Legends
Game stats by champion :: OP.GG North America
トップクラスの勝率。ただし韓国でのWin Rateは高くないので、うまい人には通用しないということだろう。NAのNormalでは十分通用するはず。
Win Rateが低いChampは避けたい。操作が難しかったり使いどころが難しかったりする。
少なくとも「負けない」Champを選びたい。

TopやMidで使えること
Normalでは味方は頼れない。無視してはいけないが、信頼しすぎてもいけない。そのため、味方への依存度の低いレーンで相手と互角に戦えるようになる必要がある。
Fiddle Jungleには自信が出てきたが、Jungleをピックできなかった場合に使えるChampが必要だった。

操作が難しくないこと
自分の中でLoLのChampを選択する基準があって、そのひとつに『素早い操作を要求されないもの』というものがある。
理由は簡単で、Pingと操作する腕前がよくないからだ。
ウチからLoLをプレイしていると、Pingは160-180。これはアクション要素を考えるとよくない数値。この時点でRivenやLucianなどの細かな操作が必要なChampは選択肢から外れる。


■使用感

HeimerはTD系?
Heimerを使ってみて懐かしさというか既視感を感じたが、その理由がわかった。
一時期よく遊んでいた、フラッシュゲームによくあるRTSのTD系(タワーディフェンス)防衛ゲームをプレイしている気分になる。
つまり、Heimerを使えばLoLとTD系を同時に遊べてお得!?

待ちプレイだけではない
それでも使い始めてすぐは、「待ち」を中心としたスタイルが野暮ったく感じていた。逃げる相手を追い打ちしづらいのもイマイチだと思った。
しかし↓のSummonerのプレイを見て考えがUPGRADE!!!された。すごく攻撃的なのだ。
WaffleSlap - Replays
WaffleSlap氏のプレイを見るまで「R>Q>W>Eで上げて待ちプレイ」と思っていた。だが、E上げを起点とした攻めのプレイもできるとわかった。

Ultの多様さ
Heimerは、3種類のUltを持っているのと同じだ。
様々な場面に対応できる性能。

逃げ性能/追撃性能の悪さ
Blinkスキルがないので逃げたり追いかけたりは苦手。


Heimerは他のChampとまるっきり戦い方が違っていて新鮮。
Fiddleは、使えば6割勝てるというところまで自信が出てきたので、HeimerにはJungleが取れなかったとき用のChampとして活躍してもらおう。

LOLのアイテム - Amazon


関連記事

0 Comments

Leave a comment