LoL - 戦績:Normal - Heimerdinger

■TOP - Heimerdinger

x Heimerdinger vs Vladimir 51min Match History
CS 10min:74 20min:127

対面Vladは余裕。真綿で首を絞めるようにじわじわと追い詰めた。
Dragonをほぼ独占で5回取り、Baronを2回も取ったのに負けたという信じられないMatch。

Baron Buff

録画とリプレイを見直したら悪い点がわかった。1回目のBaronを取ったあとの動きだ。
せっかくBaron Buffをゲットしたのに全員がMIDに集中していた。それでInhibitorが割れたのならそれでもよかったが、守りきられてしまった。

これは最悪。
Baron Buffを活かしてTOPやBOTに誰かがバックドアを狙いに行くべきだった。Heimerは脆いし逃げ性能もないのでできれば行きたくないが、誰も行かないのならそれでも行くべきだった。

一度目のBaronでインヒビを割れないということは、決定力のないチームだということ。ここでチームは見限って、ひたすらバックドアに徹する方が良かったのかもしれない。
小競り合いがある度にチームを助けに向かったが、それがいい方向にはならなかった。

終盤、相手がリコールしたのを見てBaronのフリーを確信。Heimer/Lucian/YasuoでBaronを取れるチャンスだったが、Yasuoが帰ってしまった。味方Lucianも乗り気だったのに。
理由は「GragasのSmiteがないから」だって…。
Smiteは相手にSteal(横取りで盗まれない)されないためで、盗まれるおそれがなければいらないのにな。

この試合ずっとDragonが湧く数分前からチャットで報告してPing鳴らしてDrag管理してチームに5回Drag取らせてたのにな。ここまでやっても信頼されないのか?

その後他のメンバーを待っている間に当然相手も追いついてしまい、Baron戦のゴチャゴチャでこちらは全滅。GGとなった。

冷静になって考えると、HeimerとLucianのふたりならDuo Baron取れただろう。味方を待たずにさっさと取るべきだった。

レーンで勝っても、小競り合いで勝っても、Dragを独占しても、Baronを取っても試合には勝てない。
勝つのはNexusを割ったチーム。それが真理。
それなりに活躍したつもりだったが、Nexusを割ることにつなげられていないということだ。つなげる立ち回りを考えていこう。

関連記事

0 Comments

Leave a comment