【解決】FirefoxでAmazonが重い

野良黒 FirefoxでAmazonがフリーズするのはNoScriptで防げるけど…
以前書いた上記のエントリーの後日談。

FirefoxでAmazonの商品を開くと異常に重く、プチフリが頻発する。まっさらの新規プロファイルだとこの症状は出ないので、何らかのアドオンか設定と競合している様子。
楽天でも同様の不具合があるという。

NoScriptで「images-amazon.comを禁止」にすればフリーズしなくなる。
だが、そうすると拡大画像や「こんな商品も買っています」が使えなくなり、カートの商品の数量を編集できないといった弊害が出る。

回避策を見つけたのでメモしておく。

■FirefoxでAmazonが重いのを回避する方法

確認環境:Firefox 42.0

Greasemonkey Scriptを使う。
スクリプトファイルの中に注意書きがあったので引用しておく。

/* Amazonが重くて且つ「Greasemonkeyを無効にすると軽くなる」という人は このスクリプトを試す前に、 Greasemonkey本体の設定の「実行しないページ」のリストに *images-amazon.com/* を追加してみてください。 設定の場所は ツールバーボタンのメニューの「Greasemonkey オプション(O)...」 または アドオンマネージャ → 拡張機能 → Greasemonkeyの「設定」ボタン または Alt+T → G → O */

  1. Firefoxにグリモンをインストールする
    Greasemonkey :: Add-ons for Firefox
  2. 以下をクリックして「Prevent OBJECT Insertion」をインストールする
    https://gist.github.com/anonymous/938de50a24cdc0eef62f/raw/b03f9b2115bd8fd98835467d669de1740c210343/prevent-object-insertion-1.1.user.js
  3. Amazonの商品ページを開いて動作を確認する

筆者の環境では、これでAmazonが重くなったりプチフリすることはなくなった。軽くなってスイスイと買い物できる。
ユーザースクリプト作成者さんに感謝。

出典というか、作成者さんは以下の773氏のようだけど、Githubでもanonymousなので不明。
prevent-object-insertion-1.1.user.js ・ GitHub

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/12(金) 21:20:19.08 ID:60FRmiRa0
Amazonを軽くする(かもしれない)Greasemonkeyスクリプト。
SCRIPT要素はブロックしないので画像の拡大などの機能はそのまま。
https://gist.githubusercontent.com/anonymous/8c1fa6e27eaef2addc80/raw/0590a190aa8dbe0a22045150954c641905477018/prevent-object-insertion.user.js

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/12(金) 21:22:59.97 ID:60FRmiRa0
Amazonのスクリプトは、Firefoxで実行した場合、OBJECT要素を60個以上断続的に挿入している。
そうやって読み込まれた外部リソースの一つ一つに対して何らかの処理が走り、その間だけFxのUI応答が止まっていると考えられる。
それはきっと1秒にも満たない一瞬だが、Amazonではそれが何度も断続的に起こることで、その間「スクロールがカクカクする」などの症状になるのだろう。

>>773のGreasemonkeyスクリプトはOBJECT要素の挿入をブロックすることで、症状の発生回避を試みます。

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/software/1433432508/773-774


関連記事

0 Comments

Leave a comment