ThunderbirdのRSSフィードをfeedlyに登録する

2017/11/23 追記:feedlyは仕様変更がひんぱんにあるのでこちらの「使い方」は古くなっています。以下のエントリーにて最新版の操作を説明しています。
●野良黒 【2017/11版】feedlyでカテゴリー分けとフィード削除する方法


RSSフィード消化は、今までThunderbird→タブ→ブラウザと開いていたが、ブラウザで完結するほうがはかどりそうだ。RSSリーダーのfeedlyを試す。

■RSSフィードを移行する手順

  1. Googleアカウントがあればすぐにログインできた。他に以下のアカウントが使える。
    Google / Facebook / Twitter / Windows / Evernote
  2. ThunderbirdのRSSフィードフォルダを右クリック→購読→エクスポート。これで.opmlファイルを生成する。
  3. 最下部に「Import OPML」をクリックしてインポートする。先ほどの.opmlファイルを選んで読み込ませる。少し時間がかかるので、飲み物でも入れてくるとちょうどいい。
  4. フォルダ分けもそのままに登録できた。

■簡単な使い方

  • 左サイドメニュー[Add Content]で新規登録
  • 左サイドメニューを開き、最上部の [Pin] をクリックするとメニューを固定できる
  • 右上の歯車→Presentationで表示を変更できる。アイキャッチやサムネイル入りとか、タイトルだけとか。
  • タイトルクリックで記事の要約。Ctrl+クリックでタブへサイトを開く。
  • 左サイドメニュー最下部の [Organize] でフォルダとRSSの追加・変更・削除。ドラッグ&ドロップ。
これによりブラウザで完結できるようになった。だが、弊害も見つかった。
今までThunderbirdで一律受信したものにThunderbirdの機能のメッセージフィルタでフィルタリングをかけて閲覧していたが、それが使えなくなった。

フィルタリングを要するものだけはThunderbirdでの受信を継続するべきか。ということは完結できてないじゃないか…。しばらくこの形でテスト運用。


関連記事

0 Comments

Leave a comment