Firefox修正|グラボをオーブンで焼く|アンネは囚われ続ける

●Mozilla Re-Mix: 【Firefox 44.0.2】リリース。重要度最高のセキュリティ問題を修正。

セキュリティ問題に関しては「サービスワーカーとプラグインの併用による同一配信元違反」という重要度最高の物が含まれています


重要度最高とのことなので、早めにアップデートしたいところ。

Ver43でも、Ver43.0.1 ~ Ver43.0.4まで数日おきに修正が配布されている。この分だとVer44も同じペースで修正が繰り返されることになりそうだ。

リリースノートの履歴は以下。
●リリースノート | 次世代ブラウザ Firefox

もちろん修正はありがたいし大切なことだが、こうした頻繁な微調整は、決して歓迎されることではない。物事は、正しさが嬉しさや心地よさにつながるとは限らないものだ。

特に、アドオンやUser.js、userChromeを使ってカスタマイズしているユーザーにとっては、アップデートにより使えない機能が出てくることがあるため、ある程度の時間と手間暇を覚悟しなければならない。それを数日ごとに強いられるのはストレスだ。
カスタマイズ性の高さこそがFirefoxの魅力だったのだが、ここへ来てそれが足かせになっている気さえする。

すべてのブラウザで同じ状況なら、仕方のないこととして受け入れることもできる。しかし、サブブラウザとして使っているGoogle Chromeではこうしたストレスを感じることはない。
Chromeにできることが、なぜFirefoxではできないのか。GoogleとMozillaの差なのか。

お気に入りのアーティストの評判が芳しくなかった時、自分の評判まで貶められたような気がする。そして、その評判が正鵠を得るものだった時、言いようのない悔しさが募る。
今のFirefoxに感じるものは、それなのだ。


●PCが起動しなくなったのでグラボ(R9 270X)をオーブンで焼いて修理した話 | SmartAll(スマータル)

グラボの故障は熱やボードの歪みで発生する「半田クラック」という原因が多く、高い温度で焼くことによってハンダを溶かして再びハンダ付けすることで治る可能性があります。


なるほど、理屈を聞けばもっともに思える。
グラフィックカードは高負荷状態の時に発熱しやすいので、こうしたトラブルも起こりやすい、ということらしい。
リンク先管理人氏は、この方法で無事にグラボが直り、2ヶ月が経過しても問題なく使用できているとのこと。


●「アンネの日記」の全文掲載は著作権侵害、著作権者からの申立てでWikipediaがサイトから削除 - BusinessNewsline
なまぐさい話だ。壁の中で自由を求めたアンネ嬢も、死後に著作 がこんな不自由な扱いを受けるとは思わなかっただろう。



関連記事

0 Comments

Leave a comment