コンシューマ機はいずれなくなる?

■コンシューマ機はいずれなくなる?

●「未来にコンソールは存在しないかもしれない」、Electronic Arts役員が語る ? Damonge

近い将来に「ゲームはゲーム機で遊ぶ」という考え方がなくなるだろう、という考察。
日本で言うところの「コンシューマ機」の話。外国では「コンソール」という呼び方が一般的。


今でもスマホのソシャゲやブラウザゲームなどの形で「ゲーム機を使わないゲーム」はある。
SteamやOriginなどのサービスも、どのPCからでも遊べるという意味では同じようなもの。「これじゃないと遊べない」という決まった“本体”はない。

PS5になると、本体がなくて、コントローラと画面しかない、となるでしょう。そこで残るのは、サービスの名前ですよね。それこそ“PlayStation Network”という名前であるとか。


そんな世界になっても、「コントローラ」は生き延びるようだ。そりゃそうだ。スマホでアクションゲームは無理があるもんね。
Bluetooth 接続のスマホ用コントローラが一般化する、というようなことはあるかもしれない。


■コンソールのない世界

筆者のゲーム環境は、今まさにコンソールのない世界になっている。PCとスマホだけでゲームを楽しんでいる。
最初は「遊びたいソフトごとに機械をあれこれつなぎ替えるのが面倒」というのがきっかけだった。

「PCだけで好きなゲームができたら楽だなー」という考えから MMO RPG などをプレイして、ブラウザゲームに触りだした。
それからプラットフォームのゲームサービスに興味が出てきて、Steam や Origin などを使い出した。簡単なパズルなどはスマホアプリやブラウザゲームで済ませるようになった。
今ではすっかりコンソールは使わなくなってしまった。

で、これがとても楽ちん。
数年ごとにコンシューマ本体を買わなくていいし、スペースが広くなるし、ケーブルがぐちゃぐちゃに散乱しない。
「ひさびさにあれ遊びたいな」と思ったらPCから呼び出せばいい。ケーブルを繋ぎ変えたり、深くうずもれたアレコレの中からゲームディスクを発掘しなくてもよくなった。

●野良黒 HORIのアナログ振動パッド2 TURBOを購入
コンバーターでPS2用コントローラを使えば、アクションゲームだって問題なくプレイできる。

一度この楽ちん生活に慣れると、コンソールのある生活には戻りたくない。
こうした実体験があるから、「コンソールのない未来」へ向かう動きは止まらないのだろうな、というのは実感としてよくわかるんだよね。

関連記事

0 Comments

Leave a comment