熊本地震発生から2年過ぎました

どこそこで熊本地震の話題が持ち上がっています。現地在住の身としては、これらは地震発生より一日も途切れることなく現在進行系の話であり、今もそれの影響がどこかしこに残っていることでもあります。なので、あえて改めて取り上げる話でもないというのが正直な心境です。




実際に真っ只中で体験した人間にとっては「熊本地震」という語句は見たくもないものです。連想して思い出してしまうからです。思い出せばあの時の気持ちで心が埋め尽くされて何も手につかなくなります。
だから普段の暮らしではできるだけ目にしないようにしますし、話題に出さないようにしますし、思い出さないようにしています。

個人的な話をすれば、ひとつ新しく気付いたことがあります。
地震前からプレイしていた『Realm of the Mad God(RotMG)』というゲームがありました。これはMMOでありながら死んだらすべての装備や成長要素を失うというゲーム性でした。
『RotMG』は、「喪失感」を味わうことがゲーム性のひとつとして成り立っていましたが、震災後の自分にはその喪失感が耐えられないものになっていました。今振り返ってみてようやく気付いたのですが、地震でなくしたあれこれと知らず知らずのうちに結びつけていたのかもしれません。

地震の際にはネット上でも様々な方のお力添えをいただきました。
熊本地震の際にご助言、ご助力いただいた皆様には本当に感謝しています。改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。


関連記事

0 Comments

Leave a comment